クレジットカードの現金化を利用する前に知っておくべきこと

「クレジットカードの現金化」という言葉をご存知ですか。
WEB広告などで、一度はその語を目にしたことがあるという人も多いことでしょう。
一方で、その詳細を知っているという人は少ないかもしれません。
そこでここでは、クレジットカードの現金化はそもそもどんな行為で、その利用にどんなメリット・デメリットがあるかを紹介します。

そもそもクレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化というのは、商品やサービスをクレジットカードのショッピング枠を使って後払いで購入し、現金を手に入れることを意味する言葉です。
なお、多くのクレジットカードはショッピング枠とは別に直接現金を借りることができるキャッシング枠を設定することができます。
ただ、何かしらの事情でキャッシング枠を設定できない、あるいはその枠をすべてを使い切ってしまった場合、キャッシングすることはできません。
一方で、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、自分のクレジットカードで購入した商品を買取業者などに買い取ってもらったり現金化を請け負っている企業を利用することで、確実に現金を手に入れることができる方法です。

現金化のメリットとは

金融機関から融資を受けたりローンを利用するためには、審査を受けなければなりません。
その際には、安定した会社に務めているサラリーマンなどでない限り、まず審査に通りません。
つまり、主婦や仕事を引退済みの人などは、融資やローンの審査に通ることはまず不可能です。
一方で、クレジトッカードのショッピング枠を現金化する行為は、クレジットカードさえ持っていれば誰でもできます。
もちろん、その利用にあたって審査を受ける必要はありません。
つまり、通るかわからない審査を受けることなくすぐに現金を手に入れることができるところこそ、クレジットカードの現金化の最大のメリットと言えます。
また、基本的にいつもと同じ様にクレジットカードを利用する、その延長線上で現金を手に入れることができるので、現金化した事実が周囲にばれることはありません。
さらに、消費者金融や銀行を利用して資金を調達した場合、その旨が信用情報に記録として残ります。
もちろん、しっかり返済できるなら、お金を借りること自体は問題ないものの、一度でも滞納などをしてしまうと、その後の仕事や生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。
一方で、クレジットカードのショッピング枠を現金化したとしても、その行為が信用情報を傷つけることはありません。
基本的に普段どおりクレジットカードを利用した場合と同様に扱われるだけです。
信用情報に借入記録が残らない、というところも、現金化ならではのメリットです。

現金化のデメリットとは

このようにクレジトッカードのショッピング枠を現金化する行為には、さまざまなメリットがあります。
ただ、このショッピング枠はその名の通りあくまで「買い物」をするために設けられた枠に過ぎません。
つまり、この枠を直接的ではないものの、現金を得るのに活用するという行為は、正しい使い方とは言えない点には注意が必要です。
なお、現在ショッピング枠を現金化する行為を禁止する法律自体はありません。
そのため、そうすることが違法であったり法的な何らかの罰則の対象となる行為というわけではありません。
しかし、クレジットカードを発行している会社の多くが利用規約で現金化を明確に禁止していることが多いのは事実です。
要は、クレジトッカードのショッピング枠を現金化したことが知られた結果、クレジットカード会社から独自のペナルティを課されたとしても文句を言うことはできません。
具体的なペナルティとしては、カードの利用を停止されたり最悪の場合契約を解除された上で残債を一括請求されてしまうかもしれません。
現金化に対して厳しく対応している会社が多いので、その利用は慎重に行う必要があります。

まとめ

クレジットカードの現金化を利用すれば、商品やサービスをクレジットカードのショッピング枠を使って後払いで購入することで、審査不要で即日現金を手に入れることができます。
ただ、クレジットカード会社がその行為を禁止ししていることが多いので、慎重にすべき行為です。